外壁塗装で見違えるような外観に|見た目ピカピカ建物にっこり

一軒家

ゾーニングパターン

修理

前回のページで、店舗併用住宅には基本となる3つのゾーニングパターンがあるというお話をしましたよね。このページでは、そのゾーニングパターンに関するお話をしていきたいと思います。1つ目のパターンが、上下階分離型と呼ばれるものです。このパターンは、店舗と住宅を明確に分離しやすいパターンになります。オーソドックスな例としては、集客に有効的な一階部分を店舗にして、上階部分を住居エリアにするというものです。ただ、業種や周辺環境によっては上下を逆転させたほうが有効になる場合もあります。三階建てになれば、より住居エリアにも余裕が生まれますので理想の暮らしを実現しやすくなるのではないでしょうか。次に、縦割り分離型と呼ばれるものです。店舗スペースに広さが必要な場合でしたり、複合型店舗を考えている場合には有効的だと言えます。店舗と住宅を、明確に分離することもできますが、内部接続の計画次第では店舗と住居を往来しやすくすることが可能です。そうなれば、日々の暮らしの利便性も向上しますよね。最後に、部分点型というパターンです。これは、比較的コンパクトなスペースでの店舗エリアに向いているパターンになります。住居エリアに、余裕ができるためゆったりとプランニングを進めていくことができるでしょう。店舗エリアを中間領域にすれば、接客にも生活にも使える空間にすることができますよ。

店舗併用住宅において、外壁塗装だけではなく店舗デザインというのも大切になります。店舗と住宅とで、デザインをきっちり分けるのか、それとも同じように統一するのかで異なってくると思います。カフェなど、インテリアへのこだわりが要求されるような店舗を開く場合は、住居スペースも統一できるのではないでしょうか。しかし、業種によってはきっちり分けたほうが、日常生活を過ごしやすくなることもありますよね。きっちり分ける場合は、店舗のことだけを考えれば良いのでそれなりに考えやすいかもしれません。例えば、ジャンクフードなど回転率の早いお店を始めたい場合は、店舗デザインには赤色を多く取り入れると良いと言われています。